07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

1/23(月)帯がきました!/大雪!!決死の帰還!?

2012.01.25 (Wed)

聖蹟桜ヶ丘18時からの少年部に
参加したユウセイくんとトラノスケくんとユキさんに帯・賞状を渡しました!!
2_20120125092543.jpg
トラノスケ君が体全体で喜びを表現しています!!(逆立ち歩行すごい!!)
1_20120125092544.jpg
21時に一般部が終わり、外を見てみると大雪が降り、
大変なことになっていました(21時まえから急にふりだしました)
急いで私も大志も車では危険だと思い、バイクで帰ったのですが、
結果的にはバイクもかなり危険でした(汗)
大志は2回バイクから転倒し、押して帰り(幸いにも怪我はありませんでした)、
私は吹雪のなか、坂道でバイクを押して帰り、まるで映画『八甲田山』(はっこうださん)の心境で途中親切な方にバイクを押すのを手伝っていただき、
必死な思いで帰宅しました。
(はっきり言って空手の稽古よりきつく、精神的には鍛えられました(汗))
天気予報で大雪が降ると予測されたときは
車、バイク、自転車を使うのは控えましょう(汗)
img_95034_46712581_0八甲田山
『八甲田山』(はっこうださん)は、
新田次郎の小説『八甲田山死の彷徨』を原作とする日本映画。
東宝・シナノ企画の製作で1977年に公開された。
1902年(明治35年)に青森の連隊の雪中行軍の演習中に遭難し、210名中199名が死亡した事件(八甲田雪中行軍遭難事件)を題材に、一部の創作を加えた作品である。

高倉健(弘前第31連隊・徳島大尉(モデルは福島泰蔵大尉))
北大路欣也(青森歩兵第5連隊・神田大尉(モデルは神成文吉大尉)
)三國連太郎(同・山田少佐(モデルは山口少佐))主演。
そうそうたる役者が連ねた映画でした!!

八甲田山映画動画
北大路欣也の台詞「天は我々を見放した」は当時の流行語になりました。
私は、吹雪の中「天は我々を見放した」と言う台詞も聞こえてきましたが
またしても風の声に励まされました!!(ネバーギブアップ!!)

※雪が降り、寒くて体調を崩しやすいですが、
 合格者は早く帯・賞状をとりにきてください!!!

入会・見学体験をお考えの方は
極真会館城西国分寺支部聖蹟桜ヶ丘道場
東京都多摩市一ノ宮4丁目40-1-1階
TEL042-337-1132
ホームページリンクへ
スポンサーサイト
09:26  |  日記
 | HOME |